ワカサギの釣り方
ワカサギ竿
竿は先調子の6~8フィート(1.8m~2.4m)。
ウルトラライトのルアーロッドや黒鯛用のヘチ竿などでもOKです。
硬い竿や胴からペナペナするような竿は不向きです。(バスロッドや市販のワカサギ竿の一部)
仕掛け
小型のスピニングロッドにラインは4~6ポンド(1~1.5号)。巻き込み防止用にシモリウキを通して極小のスナップスイベルを結びます。
仕掛けはガマカツやオーナーなどの仕掛け7~20本針などを使用します。
なお馴れてない方は針は少なめで。
初期は2号。中期は2.5号。盛期は3号と使い分けます。
 
エサ
初期から中期にかけてはカラバリ。
中期以降は状況によりエサを付けます。紅ザシが一般的ですが、赤虫を持参できればさらに効果的です。
エサの付け方(紅サシの場合)
ですが、サシは太い方がお尻です。尻の方に極く薄くチョンガケにし、針先は出すようにします。
エサがよく揺れるようにすることと針先が魚の口に刺さりやすくすることが肝心です。

下図のように中通しにしないこと。
タナ及び釣り方
芦ノ湖の場合は基本的に底釣りになります。 底に着いたら竿先を小刻みに上下して魚を誘います。
一匹掛かったらすぐに巻き上げずに何匹か掛かるまで待ちます。